『実験教室「気象マスターをめざせ!~雲ができるしくみ」』11/24 14:00-

kisyo_20191124-1.jpg
自分の手で実験してみよう
kisyo_20191124-2.jpg
身近な現象をじっくり観察

「なぜ」をきわめて気象マスターをめざそう!
外に出るとそこにはいつも空があり、空もよう(気象)は私たちの生活に深くかかわっています。空をながめながら、「どうして天気は日々変わるんだろう」とか、「天気を自由に変えられたらいいのになあ」と思うこともあるのではないでしょうか?
この教室では雲ができるしくみにせまる実験にとどまらず、「水蒸気」や「上昇気流」といったキーワードを自身の経験や解釈にもとづいて説明し、その説明では納得できないことを質問することで"わかったつもり"の先にある"なぜ"を一緒にさぐります。
※本教室では、「知らないことをたくさん教わってよかった」ではなく、
「自分なりの理解を他者に説明すること、周りの人と一緒に考えることが楽しかった」と思ってもらえるよう、一人ひとりの発言に寄り添う時間を大切にします。

※当選したご本人以外は参加者エリアに同席いただくことはできません。見学は可能ですが、参加者エリアと見学者エリアは分かれています。

アドバイス:石原幸司氏(気象庁)、田島充士氏(東京外国語大学)


日時
2019年11月24日(日) 14:00~16:00
場所
日本科学未来館 3階 実験工房
定員
12人
対象
小学3年生~大人の方
参加費
無料
応募期間
2019年10月1日(火)~10月15日(火)17:00

イベントのお申し込みは締め切りました

一覧へ戻る
2019 © National museum of emerging science and innovation