地球合宿2019「ジオ・コスモスの開発現場へようこそ!」(2019/3/9)

chikyuugassyuku_001.jpg
前回開催時の様子
chikyuugassyuku_002.jpg
前回開催時の様子

未来館のシンボル展示「ジオ・コスモス」には、最新の観測データやシミュレーション結果など、40以上の科学データがインストールされています。それだけではなく、直径6メートル、1000万画素という高性能の球体ディスプレイを使って、さまざまな科学データをどのように表示したらよいかという研究が日々続けられています。

本イベントでは、来館者が見ることができないジオ・コスモスの開発現場にクラブMiraikanのみなさんを特別にご招待します。地球の立体感をより高めるための表現方法の実験や、今まさに開発中のインタラクティブ・ツールの体験など、ふだんは公開していない開発の裏側をのぞいてみませんか?

【立体感ってなんだろう?】
皆さんは3Dの映画やアニメを見たことがありますか?ものがなぜ立体的だと感じるのか、立体感やものの質感を映像で表現する方法を研究しているチームに、ジオ・コスモスを使ってレクチャーしてもらいます。ジオ・コスモスで「地球」の質感を感じてみましょう。

【開発中のインタラクティブツールを体験!】
いつもは美しい地球の姿を映し出しているジオ・コスモス。この日は特別に、現在開発中のジオ・コスモスを使ったインタラクティブ(双方向)なゲーム性のあるコンテンツを体験してもらいます。普段はあまり見られない「球体ディスプレイ」としてのジオ・コスモスを目で見て、触って、感じた後は、ジオ・コスモスの新しい使い方などのアイデアを出し合ってみましょう!

【地球合宿とは】
2013年より毎年開催しているイベント。今の地球についての「知」を深め、豊かな地球を未来につないでくための継続的な科学コミュニケーションの場として実施しています。

【講師】
向川 康博 氏、舩冨 卓哉 氏、久保 尋之 氏、中西 由希子 氏(奈良先端科学技術大学院大学)
龍 智明 氏、高柳 亜紀 氏(三菱電機株式会社 先端技術総合研究所) 
島田 卓也(日本科学未来館)
吉田 裕紀(日本科学未来館)

【注意事項】
※個人会員のお子様に同席される保護者の方は、応募されるお子様の「連絡事項」欄にお名前をご記入ください。
※ファミリー会員の場合は、同席される保護者の方も「応募」してください。
※地球合宿2018と一部重複する内容が含まれます。


日時
2019年3月9日(土) 18:00~20:30
場所
日本科学未来館 3階 常設展
定員
30人
対象
小学校4年生~大人の方
参加費
無料
応募期間
2019年2月4日(月)~2月15日(金)17:00

イベントのお申し込みは締め切りました

一覧へ戻る
2019 © National museum of emerging science and innovation