実験教室「イデンシ工学研究所 ~バイオの力で生物が変身!?」(2018/11/10-11)

idenshi18111011_01.jpg
本格的なバイオ実験を体験!
idenshi18111011_02.jpg
遺伝子組換え大豆の判別に挑戦
idenshi18111011_03.jpg
果たして大腸菌は光るのか…?

「イデンシ(遺伝子)工学研究所」へようこそ!
遺伝子工学とは、人工的に遺伝子を操作して、人間に役立つ物質や生物をつくりだす研究分野です。みなさんには架空の研究機関「イデンシ(遺伝子)工学研究所」の見習い研究員として、大腸菌に緑色に光る遺伝子を組み込む実験や、遺伝子組換え大豆を判別する実験にチャレンジしていただきます。実際に目で見て、手を動かして、遺伝子工学技術を体感しましょう!
実験+ディスカッションで、遺伝子工学をもっと深く学ぼう!
医療や食など、私たちの暮らしとも深く結びついている遺伝子工学技術。その発展は、私たちの未来をどう変えるのでしょう? 教室では実験に続いて、ディスカッションの時間も設けます。複数の調査・研究データをもとにした科学の視点と、一人ひとりの価値観、そして社会の中での使われ方など、さまざまな観点から考え、話し合います。

※中高生向けに開催した「遺伝子ラボ~光る大腸菌から考える 私たちと未来の医療~」 と実験内容は同じです。
※本実験教室は、参加者以外の方(保護者、見学者など)は入室いただけません。あらかじめご了承ください。


監修・特別協力:バイオジェン・ジャパン株式会社
協力:日本モンサント株式会社


日時
2018年11月10日(土) 13:30~16:30
2018年11月11日(日) 13:30~16:30
※2日間のプログラムです。両日ご参加いただける方が対象です。
場所
日本科学未来館 5階 実験室
定員
12人
対象
小学校4年生~大人の方
参加費
無料
応募期間
2018年10月1日(月)~10月15日(月)17:00

イベントのお申し込みは締め切りました

一覧へ戻る
2018 © National museum of emerging science and innovation