ライトdeナイト!貸切ツアー ~10月 「人工衛星」で探る未来館~(2018/10/13)

light1013-1.jpg
科学コミュニケーターと楽しもう
light1013-2.jpg
未来館が貸切空間にさまがわり!
light1013-3.jpg
特別感満載のツアーです

誰もいなくなった夜の未来館を、ライトを片手に科学コミュニケーターと巡る貸切ツアーです。いつもは人が多くてにぎやかな館内も、閉館すると、暗くて、とても静かになります。目をこらして、耳をすませて展示を見れば、きっといつもとは違う発見があるはず。科学コミュニケーターが皆さまを毎月テーマにそってご案内しますので、昼間とは一味違う夜の未来館をお楽しみください。

人類初の人工衛星スプートニク1号が打ち上げられたのは1957年10月4日。ということで、10月のテーマは「人工衛星」です!
現在、私たちの頭上には数千機の人工衛星が周回しています。人工衛星は、天気予報やカーナビなどさまざまな場面で使用されていますが、その存在を意識している人は少ないのでは?
私たちの暮らしをサポートする人工衛星のひみつを一緒に探しましょう!

皆さまのご応募をお待ちしております!


※当日は、企画展「デザインあ展 in TOKYO」の夜間開館を行っているため、ツアーコース中に一部明るい場所がございます。
※ご家族で1つ、懐中電灯などをご持参ください。
※本ツアーに参加できるのはクラブMiraikan会員の方のみです。
以下の方は本ツアーへの応募・参加の対象外ですので、当選者の方とご一緒にいらっしゃる場合は、控室でお待ちください。
・クラブMiraikanの会員ではない方
・年間パスポート会員の方
・対象年齢未満のクラブMiraikan会員の方
・応募・当選をされていないクラブMiraikan会員(保護者など)の方
 例)ファミリー会員4名で参加される場合には、4名全員でご応募ください。


日時
2018年10月13日(土) 18:30~19:45
場所
日本科学未来館 3階・5階常設展
定員
25人
対象
小学校2年生~大人の方
参加費
無料
応募期間
2018年9月1日(土)~9月15日(土)17:00

終了しました

一覧へ戻る
2018 © National museum of emerging science and innovation