【先行募集】宇宙飛行士と考える、地球と私たちとのつながり(2018/1/20)

e928f14581c80f9f10728ca495b849b26d822da3.jpg
大西宇宙飛行士 (C) JAXA/GCTC
d4bdfb6f8a218058ab7653e538d88d124f43d6ae.jpg
地球ディスプレイ「ジオ・コスモス」
2b7f618b76335dee77c369cd30515094005704d8.jpg
宇宙から見た地球
8d3cab1c6eaccdf9cbbd9ffe5614064028a338f5.jpg
CO2濃度の今昔

大西卓哉宇宙飛行士と研究者とともに地球に思いをはせる特別なトークイベントを開催!
大西卓哉宇宙飛行士と、地球観測の研究者を招いて、ジオ・コスモスを眺めながら地球に思いをはせる、特別なトークイベントを開催します。一般の方からの応募の前に、クラブMiraikanの皆さまの先行募集を行います。

さまざまな方法で宇宙から地球を見る
大西宇宙飛行士が滞在した国際宇宙ステーションから見た地球の姿とは、どんなものだったのでしょうか?ジオ・コスモスを眺めながら、大西宇宙飛行士が宇宙から見た地球を一緒に感じます。また、地球を見ているのは宇宙飛行士だけではありません、人工衛星やシミュレーションを用いることで、さまざまな気象現象を見ることができますし、未来の地球の姿を予測することができます。現在の地球や未来の地球について、あなたはどんな姿を見てみたいですか。また、それはなぜでしょう。研究者の話を聞きながら、一緒に考えてみませんか。また、研究者が地球を観ることや、宇宙飛行士が宇宙へ行くことで、地球のために何ができるのでしょうか。宇宙と地球のつながり、地球と私たちのつながりを感じることができた時、私たちはこれからの地球のために何ができるのでしょうか?

[プログラム詳細]

第1部 (18:00~18:30) 「宇宙から地球を見る(大西宇宙飛行士が見た地球)」 / 大西卓哉氏
第48次/第49次長期滞在クルーとしてISSに長期滞在して大西宇宙飛行士が、ISSから見た地球の姿やISSでの体験を通じた我々の暮らす地球と宇宙環境との違いを語ります。ジオ・コスモスを眺めながら、宇宙やそこから見る地球を想像し、地球の海の青さ、緑の豊かさ、雲や大気の流れを感じます。


第2部 (18:30~19:10) 「地球を観る技術」 / 三枝信子氏、滝川雅之氏
三枝氏は、温室効果ガス観測技術衛星の観測データ利用など、地球規模での大気・炭素循環に関する研究や、地上や航空機や衛星を用いた地球を観測するプラットフォームづくりに携わる研究者です。さまざまな観測によって見えてくる地球の姿、今地球に起こっている変化を紹介します。滝川氏はスーパーコンピュータを活用した数値シミュレーションによって地球を観る研究者です。シミュレーションによって明らかになる地球を巡る大気の循環、物質の循環が、どのようなものか、これからどうなっていくと予想されるのか、を紹介します。


第3部 (19:20~20:00) 「地球と私たちのつながりをみる」 / 大西卓哉氏、三枝信子氏、滝川雅之氏
宇宙飛行士は、宇宙で様々なミッションに取り組むことや宇宙から地球を実際に見ることで、これからの地球や地球に暮らす私たちにどのような貢献ができるのか。研究者は、観測やシミュレーションによって地球環境を知ることによって、これからの地球の未来のために何ができるのか。そして、私たち自身はこれからの地球のために何ができるのか。参加者だけでなく、宇宙飛行士、研究者もともに語り合うことで、宇宙と地球、地球と私たちのつながりを感じ、未来に向けて行動することを考えます。

[登壇者プロフィール]

・大西 卓哉(おおにし・たくや) 〔宇宙航空研究開発機構(JAXA) 宇宙飛行士〕
1998年3月東京大学工学部航空宇宙工学科卒業。1998年4月全日本空輸株式会社入社。2009年2月にJAXAよりISSに搭乗する日本人宇宙飛行士の候補者として選抜される。2011年7月に油井亀美也、金井宣茂とともに ISS搭乗宇宙飛行士として認定され、2016年7月より第48次/第49次長期滞在クルーとしてISSに長期滞在し、同年10月に帰還。


・三枝 信子(さいぐさ・のぶこ) 〔国立環境研究所 地球環境研究センター 副センター長〕
1993年3月東北大学大学院理学研究科 地球物理学専攻 博士課程修了。筑波大学生物科学系、産業技術総合研究所 を経て、2008年4月より国立環境研究所。2013年4月より現職。


・滝川 雅之(たきがわ・まさゆき) 〔海洋研究開発機構 主任技術研究員〕
2000年東京大学大学院理学系研究科地球惑星物理学専攻博士課程修了。海洋研究開発機構にて、地球環境観測研究開発センター地球表層物質循環研究グループ、アプリケーションラボ 海洋・大気環境変動予測応用グループ、ビッグデータ活用予測プロジェクトチーム 大気環境モデル開発ユニット ユニットリーダーを兼務。

[主催]

日本科学未来館、宇宙航空研究開発機構(JAXA)

[注意事項] ≪必ずお読みください≫

・こちらの先行募集に応募できるのはクラブMiraikan会員の方のみです。

・クラブMiraikanの会員ではない方、年間パスポート会員の方、対象年齢未満のクラブMiraikan会員の方、応募・当選をされていないクラブMiraikan会員(保護者など)の方はご参加いただけません。

・ファミリー会員で、保護者の方も参加を希望される場合は保護者の方もご応募ください。

・個人会員の方に同伴される保護者の方は、後方にて立ち見となります。立ち見での付き添い見学を希望の場合は「連絡事項」欄に保護者の方のお名前をご記入ください。


※クラブMiraikanの応募終了後、2018年1月5日(金)17:00~、一般の参加募集を行います。一般の参加募集ページはこちらをご覧ください。


日時
2018年1月20日(土) 18:00~20:00
場所
日本科学未来館 3階 常設展示内
定員
100人
対象
小学校4年生~大人の方
参加費
無料
応募期間
2017年12月15日(金)~2018年1月4日(木)12:00

終了しました

一覧へ戻る
2018 © National museum of emerging science and innovation