【クラブMiraikan枠】未来館の未来をつくる<アイデアソン&ハッカソン参加者募集>(2016/07/18、7/31、8/1)

idea_hack_1.jpg
センサーを使ったサービスのアイデアを出し合っている様子
idea_hack_2.jpg
一緒に未来館の未来をつくる、慶應義塾大学を中心とするメンバー

スマートフォンの急速な普及などで、空間情報技術は日常生活に欠かせないものになっています。また、GPSの届かない屋内施設でも、位置把握やナビゲーション、ガイドなどのサービスが可能になりつつあり、今後さらなるサービスが生まれることが期待されています。


日本科学未来館では、空間情報技術を使った新しい展示やサービスなど、館の魅力向上を考えるアイデアソン(7月18日)と、そこで生まれたアイデアを実際に形にしてみるハッカソン(7月31日、8月1日)を行います。


このイベントには、いろいろな人たちの協力が欠かせません。子ども、大人、未来館が大好きな人、未来館をもっと知りたい人、日頃から温めているアイデアがある人、エンジニア、デザイナー、サイエンティスト、アーティスト。それぞれの意見やアイデアを生かして、一緒に未来館の未来をつくっていきましょう。

※ハッカソンは、エンジニアやデザイナーがサポートするため、専門知識のない方も歓迎します。
※応募は、3日間すべて参加できる方に限らせていただきます。アイデアソンのみの参加を希望される方は、こちらをご覧ください。(小学4年生からご参加いただけます)
https://club.miraikan.jst.go.jp/friendship/event/eventdetail/1606171620119.html

[日程]
2016年7月18日(月・祝) 10:00~17:00 アイデアソン
2016年7月31日(日) 10:00~17:00 ハッカソン1日目
2016年8月1日(月) 10:00~17:00 ハッカソン2日目

主催:慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科 神武研究室、日本科学未来館
協力:株式会社パルコ・シティ、慶應義塾大学環境情報学部 村井研究室


日時
2016年7月18日(月・祝)、7月31日(日)、8月1日(月)[計3日間]
各日 10:00~17:00
場所
日本科学未来館 7階会議室3
定員
10人
対象
中学生~大人の方
※ご応募にあたり、よろしければ以下の内容を「連絡事項」欄にご記入ください。
→「未来館をこれからどんな未来館にしたいか?」「自分はこんなことが得意!」ということをご自由にご記入ください。
参加費
無料
応募締切
2016年月7月3日(日)17:00

終了しました

一覧へ戻る
2019 © National museum of emerging science and innovation