おとなのためのシロアリ解剖観察 ~ヒトにとっての害虫は、地球にとっての益虫?~(2015/2/11)

20150211_photo1_kihara.jpg
シロアリ研究者:木原 久美子先生
20150211_photo2-_shiroari.JPG
観察に使うシロアリ

シロアリは、住宅を食い荒らす害虫。そんなイメージがありませんか?しかし、実はシロアリは地球にとってはなくてはならない存在。シロアリがいないと地球から豊かな土壌がなくなるといわれています。

そんなシロアリの腸内では、姿形も実に多種多様な微生物たちがシロアリを支えています。地球を支えるシロアリの腸内微生物を、顕微鏡で観察しながら、生き物同士のつながりや地球環境について考えます。

講師として、シロアリ研究者の木原久美子先生をお招きし、シロアリの魅力について語っていただくともに、シロアリ研究の最前線についてもお話いただく予定です。

※中校生以下の会員の方は、2月21日(土)に開催される「シロアリ解剖観察for キッズ ~実はいいムシ?シロアリのお仕事~」にぜひご応募ください。

https://club.miraikan.jst.go.jp/friendship/event/eventdetail/1501081417808.html

【講師紹介】

木原久美子(東京工業大学・研究員、理化学研究所・客員研究員)

理学博士。生き物が生きている状態に存在する普遍的な原理を解明したい!という大目的へ向かって研究を行っている。現在は「共生進化」をテーマに、シロアリやその腸内共生微生物と向き合い、フィールド・実験室・情報処理の3本柱を使い、大切な仲間達に心技体を支え(鍛え)られながら、日々是前進中。研究と平行し、科学雑誌へのサイエンス記事の執筆や、日本全国各地にてサイエンスイベント「水と森のモリモリサイエンス」・「マトリョーシカフェ」を実施中。

企画・ファシリテーション:大渕 希郷、武田 真梨子(日本科学未来館 科学コミュニケーター)


日時
2015年2月11日(水・祝)13:30~15:30
場所
日本科学未来館 3階 実験工房
定員
16名
対象
高校生~大人の方
参加費
無料
応募締切
2015年1月24日(土)~2月3日(火)17:00
※締切を延長しました。

終了しました

一覧へ戻る
2019 © National museum of emerging science and innovation